買ったつもり貯金で節約

MENU

買ったつもり貯金で節約

節約方法は簡単です。
何かお店で見て欲しいなぁと思ったものに対してじっくりとそれは本当に必要なものかを考えます。
そして、それが絶対的に必要でない場合は買うのをやめて、その買うのをやめた金額を貯金箱に入れます。
今までコンビニでレジ横にある肉まんをちょこっと買いしてしまったり、スーパーでお菓子やジュースを目についたものをなんとなく買ってしまったりしていました。
このようなちょっとした出費が一回で100円前後がらせいぜい高くても数百円だったんですが、一週間や一ヶ月で見てみますと結構な金額になっていました。
だいたい毎月平均で数千円を使っていたので、それを節約できたことがかなり大きかったですし、良かったと思います。

 

また、こういったちょっとした出費を抑えることによって、全体的な出費が少し減った結果預金を引きおろす回数も減ったので、結果的に時間外ATM手数料を減らすことができたので余計な出費が本当に減ったと実感します。" "お小遣い帳を見ていたら、やたらにお菓子などの絶対に必要とは言い切れないものが入っていたことです。

 

またなんとなく買ってしまっているので、せっかく買ったお菓子に対してもながら食べをしてしまい、特にお菓子を食べることに対しての気分転換にも繋がっていませんでした。

 

そしてこういったお菓子も合計してみると、結構な金額になっているということに気がつきました。
それで、買ったつもりで我慢してみることをちょっとずつ始めました。

 

一番はちょっと買いを我慢した分で、たまにの贅沢をしたいです。
例えば普段行けないようなホテルのスイーツビュッフェに行ったり、我慢しているファッションブランドの服を買ったりしたいです。
また、ティファニーのネックレスがすごく可愛いのがあり、欲しいなぁと思っているのっで買えたらいいなぁと思っています。
やはり節約したらその分ご褒美が欲しいと思ってしまいます。

 

普段なかなか買えないものをたまにで買いたいですね。我慢は体に悪いといいますが、ストレスが溜まって顔の肌が汚くなるときがあります。そんなときには洗顔やスキンケアをして対策しています。参照:顔の肌が汚い|肌トラブルを改善した私の最強のスキンケア